越後湯沢~糸魚川 電車らん byほくほく線

ほくほく線、上越新幹線越後湯沢駅から犀潟駅までの旅です。

各駅停車はゆったり気分でのんびりムード。

雨も上がって、雲の切れ間から青空がのぞいてました。

000122

お客も少なく、なおのんびり~~

000444

そして「うらがわら駅」で下車すると徒歩で10分くらいで新潟第一酒造さんへ。

その間、一人として人と出会わない静けさの中にあります。工事の音はしてましたが(笑い~~)

犀潟駅から直江津そして糸魚川駅までは、北陸本線が海沿いをひた走ります。

糸魚川の猪又酒造さんではかなり長居して、東京に戻ったのは10時半頃でした。

そして昨晩は「月不見の池」越淡麗 純米吟醸原酒の封を切り飲んでいました。

このお酒、すご~~く私好みでお気に入り。風格があって、輪郭がはっきり香りも含み香がメロン系で、後味プチット噛んだ白葡萄風味がほのかなアクセントです。

本数が少ないのと、もう少し熟成させても良いと言うことで、まだ入荷しませんが、今後期待するお酒です。

そのあとは「こぶし花ビール」(埼玉県)のIPA インディア・ペールエールを〆に一杯!

このビールも一押しの逸品で~、この酵母は昔から発酵力が強く、イギリスからインドまでの航海にも耐えるように仕込まれたビール(船のバラストとして船底に積まれたとか?)。

このホップの香りとアルコール感のバランスが爽やかで、鼻に抜けるフローラルな香りと後の苦味が絶妙です。

330ml:480円(税込)⇒詳細&ご購入はこちらから

P1010311

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

新潟県の蔵元さんへ行ってきました。

新潟県の蔵元さんへ

まずは、新潟第一酒造さん

0012

この前、「荻窪いちべえ」さんでの会

今回の写真はこちら

0006333

左の「新潟第一酒」が撮れてませんでした。

造株式会社のみです、かめらまんへたくそ(@Д@;

000766

0009

むむ=右下指がうっっている~~~

次は糸魚川駅から猪又酒造さんへ

「月不見の池」「奴奈姫」「思」の醸造元さん

001333 

醸造所のほうから母屋を写しています。

0018

社長さんです、ご無理言ってすでに数種類のお酒利き酒させて頂いています。

00122

「思」純米大吟譲の酒造年度違い3種類です。

両端はラベル貼っていませんが「思」です、蔵から出してきたばかりなので貼ってません。

右から20BY、真ん中21BY、左22BY

五百万石を使用しているお酒。

0024

平成3年の古酒もありますが、本数少ないので非買品です。

いや~~本当に美味しいです。

0019

0021

0023

ここで、冷蔵されてお酒が貯蔵されています。タンク貯蔵と瓶貯蔵両方です!

蔵全体が冷蔵庫ですね~

それで、越淡麗の純米吟醸と純米大吟譲がありまして、又母屋に戻って利き酒させて頂きました。

これも又美味しい酒です、ついつい利き酒の量より多く飲みすぎてしまうほど、美酒です。

行きも帰りも糸魚川駅まで送って頂いて本当にありがとうございました。

母屋の庭からの山の眺めも最高でした。

そして私が考えた、新しい「ネーミング」を置いてきました。

これからこのネーミングラベルのお酒が猪又酒造さんから市場にでることを期待してます♪♪♪。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|